鬼月

祖先への供養儀式 2017

2017年、8月21日月曜日から 9月5日、火曜日

プログラム

8月21日、月曜日から8月27日
両親と祖父母への敬意
開運ダルマ儀式 マントラ

8月28日、月曜日から9月5日、火曜日
7世代前の先祖の供養
故人のダルマ儀式をアシスト マントラ

9月5日、火曜日(午後7-9 時 太平洋標準時)
仏の遺物の祝福と閉会式
出席参加者への特別な祝福


マスター ユが記したご先祖のご利益を読む。
来寺の必要もありません、どこにいらしても我々の祈りが届きます。
どのような方法で参加しますか 参加は無料 是非ご参加ください!

ライブ放送は、
8月21日月曜日, 午後7時(太平洋標準時)

weeks
0
3
days
0
5
hours
1
3
minutes
0
4
seconds
1
8

ダルマ儀式開催日時:
月曜日から金曜日まで午後7時(太平洋標準時)
土曜日と日曜日午前11 時(太平洋標準時)

先祖を供養します

先祖式典へのオマージュ

祖先とつながりご利益を受けます

ダリルライ寺では伝統に従い鬼月として知られている第7太陰月の新月から満月の間、毎日の祈りの儀式を行います。 ご両親ご先祖そして過去7代に遡るご先祖へのダルマの儀式に参加されると、ご自身子孫にご利益があります。

2週間に渡る“先祖への供養儀式”は先祖と繋がり様々なご利益を受けることができます。様々な文化において「先祖の神々」とされる高尚な精神領域に到達したご先祖は、重い業(カルマ)を背負い他界し「子孫の運を奪う」亡くなった親類による障害もご先祖が防いでくれます。

先祖への供養は、3200円、7200円、10800円、30000円、60000円、90000円その他のご寄付をお願いします。 ダリルライ寺の祭壇に2週間続く儀式の間、お名前を祭壇に飾り過去7代に遡るご先祖その他ご先祖様のご供養を行いご利益を授かります。

鬼月について

中国の伝統により、第7太陰月は鬼月と呼ばれています。この時期には地獄の門が開かれ、幽霊や故人の祖先がこの世に舞い戻ってきて巷を徘徊すると信じられています。この時期に儀式や祭りが開催されます。家族は先祖のために祈りお供えをし、放浪する悪い幽霊なだめ不幸や災害を防ぎます。

この伝統の起源は、目連が彼の亡き母を苦しみから解放するため、釈迦牟尼仏の助け求めた事が発祥といわれています。釈迦牟尼仏の談話の一環として親孝行をしたい人は、両親だけではなく7世代の遡る祖先に対しての供養として、第七太陰月の15日に仏様に食べ物を捧げます。

申し込み

8月21日月曜日, の以前に登録することをお勧めします。
しかしお名前は以下の日付まで受けます。9月5日、火曜日, 午後5時(太平洋標準時)

Ancestral Registration
国番号を含む

このリクエストは生きている人々と祖先と7代の祖先の…

$
Sending

合計金額をご送信ください。
リクエストを記載後に。










ご注意:お客様の個人情報を共有または転売することはありません。お客様の氏名、生年月日は干支に基づく祈祷のために使用します。メールアドレスはお客様のご興味のあるイベントの告知のために使用します。最初にメールアドレスを通知し、オプトイン確認メールを受信した後に変更が可能です。
 

仏のレリック祝福

そして儀式の終了

レリックは深い負のカルマを浄化します。
レリックは、身体、対話、精神に祝福を通過させる手段です。

儀式に参加に献金は不要です。

参加方法: ご来寺が可能な場合は、当寺は  カリフォルニア州ロングビーチにございます。 ご来寺ができない場合は  ライブで視聴してください。

ご負担、共有について: 仏への献花、皆さまへの食べ物、飲み物等。必須ではありません。

ご注意: 深い信仰心を持ち、探し求めてきた恵みを受け取って下さい。

 

伝統に従い参加される人々は儀式の最後の日の毎年第七満月の時期に食べ物のお供えを お願いしています。9月5日、火曜日, 午後7時(太平洋標準時)

ご参加をお待ちしています!

現代の西洋社会では人々に親を尊敬、尊重し、老後の世話をすることを教えていません。

盂蘭盆経に記される厳しい規律に従った修行に参加ご希望の場合は、寺にダルマ儀式最終日に(寄付は不必要)食物をお供えください、そして

「人々は存命の父と母が現在の父と母の人生の長さが、百歳になるまで病気をせず、体の痛みもなく、苦悩など無く災害にあわず生きるよう、そして両親だけでなく7世代前まで遡る祖先、その他の厄難を受けている者までに思いをはせ、人と神の間で生まれて、限りなく天の恵みと幸福を得るよう供養します。」

仏の弟子として親孝行を行おうとする人は、供養の際は、常に父母と7世代前まで遡る祖先にも思いを寄せます。毎年7月15日に、子供として心より両親と七世代前まで遡る祖先に対して、仏の盂蘭盆経に基づき、供養のお盆を用意して、仏や僧に施しをして父母の育ててくれた恩である長養慈愛の恩に報います。
 
マスター ユ 先祖のご利益
以下は、生き仏デェチャン ユルゲン(マスター ユ)の講義の記録です:

人間として我々は皆ルーツがあります。我々は皆どこかからやって来ました。
このルーツとは何でしょうか?簡単に言うと我々のルーツは血統です。
我々は両親から生を受け両親はその両親から生まれる、つまり血統です。

例を挙げましょう:大きな木があります。木の根が地下深くはります。根が深く地中に伸びるにつれて、木も高く成長します。木の根が傷ついても、切断すると木は枯れないこともあります。

根に損傷があったとしても、他にも小さな根があれば木も生も延びることが出来るでしょう。しかし、木に何か変化が起きていることはわかります。まだ枯れていませんが、何かがそこに起こっています。葉が変色し萎れる事もあります。枝が枯れるかもしれません。

現代の人々には何が起きているでしょうか? 私が長年言い続けてきたことは、現代人は知識が豊富だと信じています。しかしこの知識は、知識の枝葉で知識は不完全なのです。知識を得ながら、同時に文化が置き去りにされます。多くの古い文化は徐々に忘れ去られたり、消えていきます。

その昔西欧の貴族階級も血筋が重要だと考えていました。

たとえ先祖に会うことは無いものの、血統が依然として存在します。先祖はあなたを見守り続けるのです。

たとえば:母になった全ての女性がこのような経験をします。
子供が年をとっても、子供から良い扱いを受けても悪い扱いを受けても母親としていつも子供を気にかけます。しかし残念なことに、子供は幸せな時は親のことを忘れますが、親は決して子供を忘れません。たとえ子供が80才でその母が100才であっても。
母や病床につき動くことができなくても、まだ子供のことを考えています。何故でしょう?
これが血縁というものです。

生き仏デェチャン ユルゲン の記事の終わり
 
 
先祖の功徳とは
以下は、生き仏デェチャン ユルゲン(マスター ユ)の講義の記録です:

2008年英国 先祖の功徳
先祖の功徳をこの大きな貯水池と考えください。
あなたが先祖に敬意を表し、先祖をお参りして花を供え語りかけ、お辞儀をし続ける限り、あなたの行いに関わらず貯水池は水をたたえ続けます。
ご先祖の事を長く忘れたならば、あなたは先祖がどこにいるかわからず、あなたは貯水池を見つからず、貯水池の水もなくなるのです。

水は基本の構成要素です。生命の源です。充実した人生を送ることを望み、繁栄を望みむなら、血統は私たちにとり水なのです。水なしでは生きられません。もし貯水池を持たない場合は、運命は天から降る雨に依存します。雨が降れば水を得られますが、干ばつがあった場合は、水が不足します。

別の例を示します。非常に優秀で才能のある人がいます。彼は何でも出来て、頭も良い人です。彼は植物のようなものです。植物に水源がない場合、植物は雨のみに依存します。雨が十分に降った場合は成長します。しかし雨が降らず干ばつが起こった場合には葉は枯れてしまいます。数日後再び雨が振ります。再び植物は成長し始めます。

もしも貯水池からの供給ラインが植物に水を運べばどうなるでしょうか?干ばつがおきても貯水池からの水が流れてきます。雨が大量に降った場合は貯水池に貯まります。誰かがその貯水池に繋がれば彼はいつでも十分な水を確保できます。

もし彼の祖先の功徳が無くなった場合は、先祖との繋がりも終わります。そして彼がどんなに有能で頭が良くても運もジェットコースターのように上下します。運があるうちは良いですが、無くなると不運が待ち受けます。先祖からの功徳と繋がりが途絶えた人の前途は多難です。

生き仏デェチャン ユルゲン の記事の終わり
 
無料 スピリチュアルヒーリング サービス 日時 水曜、木曜、金曜 午後6時     |     土曜、日曜 午前10時 | カリフォルニア州、ロングビーチ

ご寄付により世界のコミュニティにおいて、様々なスピリチュアルサービスを提供させていただいています。

寄付する



共有する
Facebookgoogle_plustwittermailFacebookgoogle_plustwittermail